女性のオフの過ごし方

ON・OFF両方で得たものを両方に活かす良い循環ができることで、24時間すべてが自分の血肉になる。切り分けるのは、逆にもったいない気がします。プロジェクトを越えて「あなたと仕事ができてよかった」と思われたい。そのためにも、自分自身の人間的な器を常に磨いていたいです。ON・OFFどちらかしか充実していない状態では、それは難しいと思います。

この仕事はロジックを詰めるだけでなく、人の心に飛び込むことも重要だと思います。私も以前、海外に工場を持つクライアントの担当者に、「現地の人たちが何を考えて、どう働いているのかをぜひ知ってほしい」と言われ、週末にその方と一緒に海外出張しました。勉強にもなりましたし、信頼関係を築けたことがうれしかった。そうした経験の一つ一つが、ビジネスパーソンとしても一人の人間としても、大きな成長につながるのだと思っています。

若いメンバーと仕事をすることもふえてきたため、自分だけではなく、彼らの力もうまく引き出していくことをするようになりました。人を育てながら自分自身も成長していくことを目指しています。

これまでずっと国内プロジェクトをメインに仕事をしてきたので、今後はグローバルプロジェクトに挑戦するべく奮闘中。世界の大きな変化を、ビジネスを通じて肌で感じ取りたいですね。

グローバルファームならではの経験をつむと同時に、その刺激や知見を活かして日本を元気にしたい。仕事をするメンバーーとお互いの成長を後押しし合える存在になっていきたいですね

私も地方勤務の友人を訪ね、その土地の生活や文化に触れて、ついついビジネスを考える際に東京目線になっていた自分に気付かされたり。ONにも活きるOFFでの発見は、よく体験しますね。

私も最近、仕事に直接関係のない分野の本をかなり読むようになりました。パートナーの何気ない発言に、自分にはない視座の高さを感じて、「ああ、プロジエクトのテーマだけに閉じていてはダメなんだ」と強く思ったんです。